BigHope's Life

BigHope's Life

東大生/受験情報/日々のニュース/学生生活/ビジネスの話/読書録

頭がいいからって人を馬鹿にする権利はないでしょう 11/7

こんばんは。

 

寒いのか寒くないのかよくわからない日が続きますね

 

 

今日はまず

久々に、最近読んだ記事から気になったやつを紹介して行きますね

 

 

今日の個人的ニュース

 

ありそうでなかった水力発電方式

withnews.jp

 

小型水力発電機Cappaは、川や水路に沈めるだけで電気を生む、土木工事いらずの水力発電機だそう

何が「ありそうでなかった」のかというと、

川の水流をそのまま活かすという形式が業界初なんだって

 

川の水1kgが、急流とされる2m/sで動いていても運動エネルギーは2Jにしかならない

これはこの川の水が1m高い点にある時の位置エネルギー9.8Jと比較しても小さいことがわかる

だから水力業界は「川の流れを活かす」方向には力を入れてこなかったんだって

 

でもこのCappaでは、発電用のプロペラにより速い水流を当てるために管の形状を工夫して、200Wの発電能力を得ることができたんだって

 

200Wあれば発展途上国としてはありがたい話ですね

水流に突っ込んどけばいいのですから

 

 

負の質量ができたらしいよ

 

wired.jp

 

何を言っているのかよくわかりませんが、とりあえず強そうです

とりあえず力を加えると逆向きに加速しますね

 

はい。

いつか近いうちにわかるようになりたいですね

 

 

 

慣性質量が負になるらしいですね

 

確かNewton力学では慣性質量と重力質量は等しいという過程のもと議論していますから

これは高校物理云々では語れませんね

 

残念でした

もっと勉強が必要です

 

 

 

 

 

本題。頭いい=エライ?

f:id:BigHope:20171107193408j:plain

 

今日お話ししたいのは、

「頭いいやつはエライのか?」

についてです

 

 

これから書く文章に悪意は全くありません

どうかフラットな心で見ていただけるとありがたいです

 

 

結論から言うと僕は1ミリもエライとは思っていません

 

 

よく誤解されるんですが

理由を簡潔に言っちゃうと

頭いいやつは頭悪いやつありきの存在なのだから

 

 

別にこれに悪意は全く込めていないつもりですし

もし頭が悪い方がこれを見て悪意を感じるのならば

それこそ

「頭がいいほどエライ」

という謎のものさしに囚われているのではないでしょうか(ここ重要!)

 

 

 

 

 

 

世の中の頭いいやつは、基本的に頭悪いやつを利用して生きています

 

f:id:BigHope:20171016234328j:plain

 

だから孫正義とか、ホリエモンとかは

社長をやってみんなを使うわけで

 

頭悪いやつは人に使われる方が合理的だから

頭いいやつは人を使う方が合理的だから

 

これは本能的なものではないのかとすら感じています

 

(すべての労働者が頭が悪いと言っているのではなく、あくまで一般論だと思っています)

 

でも、孫正義だって、労働者がいないと「使う」ことができないわけで

そういう意味では労働者ありきの今の孫正義なのであって

孫正義には労働者を馬鹿にする権利はないわけですよ

 

一応言っておきますが、これは逆もまた然りで

頭悪い人は頭いい人を馬鹿にしてもいけないですからね

そんなこと一言も言っていませんからね

 

 

 

僕らは互いに最大限の力を発揮するために協調するのであって

みんなにそれぞれの適正だったり役割だったりがあるわけです

 

 

そりゃあもちろん

頭がいい人は頭が悪い人よりもできる仕事の範囲が広いのは事実だと思いますし

そういう点においては「頭が悪い人は必要ない」という結論に至ってしまうかもしれませんが

 

その「頭の悪い人がいない世界」にもまた頭いい人と頭悪い人がいるわけで

そのコミュニティにおいてそれぞれが最大限に実力を発揮して発展できるように協力してゆくのであって

話が堂々巡りになってしまいますね

そんな時にあなたはもう一度同じことが言えるのでしょうかという話ですね

 

 

 

 

とにかく僕が言いたいのは

 

頭がいいからって頭悪いやつを馬鹿にするやつは...ねぇ。

(ここで僕がクズって言っちゃうと僕にも問題が生じるので言いませんが)

 

 

 

大事なのは

互いをリスペクトすることだと思うのです

 

 

 

ちょっと気持ち悪いかもしれませんが

 

僕らは相手が生きている/僕らの前に存在している、そして僕らと意思疎通をしていることに対して、

まずリスペクトしなければいけないのではないかと思うのです

 

 

自殺するやつだって、犯罪者だって、発狂して虎になっちゃうやつだって

まずはリスペクトすべきだと思うのです

僕ら一般人にはできないことを(その行為の良し悪しはさておき)やってのけているのですし

 

 

その上でその人と関わるか決めればいい

 

 

このプロセスにおいて

誰かが誰かを(意味もなく)けなす

という行為は発生しないはずなんですよね

 

 

もちろん、目的のある批判だったり、愛のある批判だったりはアリだと思いますよ

ただ、それが果たして相手にとっても愛なのかは知りませんが

 

 

難しい話になってしまいました

 

 

とりとめもない話になってしまいそうなのでこの辺で終わりにして宿題をやります