BigHope's Life

BigHope's Life

東大生/受験情報/日々のニュース/学生生活/ビジネスの話/読書録

受験勉強で、みんなが陥りがちな問題。カンタンな教材をなめてはいけません

ダメな受験生あるある。

 

 

 

基本事項も十分に満足していないのに、ハイレベル問題集とかに手を出す人。

 

 

 

 

勉強の方法としては、間違っていないと思います。

 

 

難解な題材を時間をかけて、ウンウン唸りながら読み進めて、解きほぐして理解してゆく、という方法は、あなたを必ず成長させるでしょう。

 

 

 

圧倒的に長い時間をかけて。

 

 

時間が無限にある人はそれでいいと思います。全てが繋がった瞬間の気持ち良さはきっと何物にも変えがたいものでしょうし、なんかはじめから「難しい」問題集とかやってると「強そう」に見えますよね。

 

 

 

でも、残念ながら受験にはタイムリミットがあります。

 

 

 

きっと多くの人にとって、受験にかけられる時間はあまりに短すぎる。

 

 

 

だからこそ、効率よく上達する方法で受験勉強を進めてゆく必要があります

 

 

 

効率よく上達する方法ってなに???

 

 

 

 

 

 

それは、

 

 

基礎から着実に

 

 

これが全てです。

 

 

 

 

これはマジです。

 

 

 

僕は一浪して東大に合格しましたが、

 

現役の時に落ちた最大の要因はおそらく、

基礎を疎かにしていたこと

ですし、

 

なぜ一浪して圧倒的に成績が伸び、余裕で合格することができたか、その一番の理由は

基礎を徹底したこと

だと思っています。

 

 

 

 

 

基礎を身につけるにあたって、

「徹底的に理解する」

これが一番重要で、一番初めにすべきことだと思っています

 

でも、徹底的に理解するって難しいです

 

 

教科書に書いてあること、全部「なんで?」って聞かれた時に答えられますか?

 

一部の高校内容では説明不可能な、高度な数理言語を必要とするような内容はおいといて、

徹底的に理解している人はきっと、ほとんどの質問に対して考え、筋の通った答えを提供することができると思います

 

 

 

基礎を徹底した人は、自然と応用もできるようになっている

ということを示唆していますね

 

 

 

ここまで、基礎の徹底の重要性がなんとなくわかっていただけたでしょうか

 

 

 

 

 

 

さて、本題に入りますが、

 

最初に述べた、基礎ができていないのに難解な参考書に手を出す人

 

こういう人の多くは、はっきり言って成績は比較的にいいです

頭が悪い人というより、頭のいい人に多いケースだと思います

個人的には「東大志望」の人にこういう人が多いと思っています

 

 

なんで失敗するの?なんでこうなっちゃうの?

 

僕が考える最大の答えは、

「プライドが邪魔をしてしまう」

くだらないプライドのせいです。周囲からの目を気にしてしまう。

 

「「東大志望」なんだから、周りの雑魚どもが使ってるようなレベルの問題集なんて使ってらんねぇよ」

 

っていう。

 

そういう考えがどうしても働いてしまいます。

 

残念ながら、我々の多くは、「部分を見ただけで全体を決めつけてしまう」という大病を患っています

 

レベルの低い問題集を使っている人は、実際に頭が悪い人だと思ってしまう。

 

みんながそう思ってしまうことを知っているから、

 

「「東大志望」の僕はこんなレベルの低い参考書を読むことなんてできないし、きっとそんなものを読む必要はない」

 

っていう。

 

 

 

 

現役時代の僕は(症状は軽かったにせよ)まさにこれでした

 

 

浪人して、4月に全てのプライドを捨て、本当に自分に見合ったレベルの勉強をするようになってからは、ありえない角度で成績が伸び始めましたし、自分の答えにも自信がつくようになっていくのが実感できました

 

 

 

ですから、一度プライドを捨てましょう

 

 

バカにされたっていいじゃない

 

 

受験生にとって本当に大事なことは、受験当日で合格点をとることではないのか

 

 

 

 

もし今使っている参考書が「本当はちょっとレベル高いような気がするんだよな・・・100%吸収できてないな・・・」っていう感じなら、一刻も早くレベルを考え直しましょう

 

 

 

 

僕のオススメは、まずは漫画系や馴染みのある言葉遣い系で全体像をふわっと理解することです

 

そのあとは教科書でもう少し理解度を高めてみたり、ちょっとカンタンめな問題を解くことで「こうやって使うのか」と理解してみたり、自由です

 

でもまずは全体像をふわっと理解するのが一番効率がいいと思います

 

 

 

 

 

 

 

てことで、以下、僕の考えるオススメ参考書。

難易度は全て基礎レベルです

 

 

 

とりあえず化学よくわかんない人は、これをざっと読もう。すぐ読み終わるよ。

 

 

 

計算の練習をしつつ理解を深めていくのも大事。

僕はこれを使ってました。

「トレーニングノート」は冊子自体は薄いのでモチベーション維持にもいいです

「解説がいい」とかではないのでそこは注意。でも解説がいいことってそんなに大事?

初めにふわっと全体を理解しちゃえば、「ある程度の解説」でなんとかなりませんかね

 

 

 

 

物理については、イメージをこれでつけちゃうのはありです

なんだかんだ、現象をイメージできることは大事ですから。

 

 

現象がある程度イメージできるようになったら、次に数式を使って理解してください

微積分を利用するのが一番理にかなっています

そもそもニュートンはなんのために微積分を作ったの?それを考えれば物理における微積分の重要性はわかっていただけるかと

 

てか、「微積物理」とかいうくくりがそもそもナンセンスな気がします

 

微積分の物理への利用についてはこれがカンタンで分かりやすいです

 

ここまでくれば実践の段階です

物理は現象をとにかく理解することが超重要です

わからない時は基本に立ち返ること

 

あと解答の時に微積分をいちいち使うのもナンセンスな気がします

 

高校物理において微積分はあくまで理解のためのツールで、

みなさんに求められているのは「微積分を利用して解くこと」ではありません

「早く正確に解くこと」です

この点において、時間もかかる慣れない微積分よりも、ある程度解法や公式を暗記しておく方が重要で効果的です

 

 

だからもう一回言いますが「微積物理」とかそういうくくりってナンセンスだと思うんです

使えるものを目的に合ったように使えばいい。ただそれだけのお話なんです

 

 

 

話が逸れましたが。その類の質問が多いので

 

 

 

 

 

国語については「好きな小説」がまさにこの「カンタンな教材」なんじゃないかなと思います

 

 

僕が浪人中に読んでいた小説の一部を紹介しましょう

小説マジで普通に面白いんで、ぜひ読んでみてくださいな

 

ほぼ安部公房やんけ

 

安部公房が合わない人はこんなのもいいかも

ちょうど去年の秋頃に読んでたかな

 

 

英語も同様。ハリポタとか去年の春読んでたわ。ハグリッドがめっちゃ言葉作るんだよあいつ。マジなんなんとか思いながら読んでたの懐かしい

 

 

 

 

 

まぁそんな感じでした、今日も言いたいことが言えた気がする

なんで急にこんな話をしたかというと、この本にそんな内容が出てきましてね

この本についてはこちらをどうぞご覧ください

bighope-life.hateblo.jp

 

 

 

 

とにかく、基礎が大事。

 

頭いい人は基礎なんてやれば絶対できるんだから、どうせなら徹底しようぜ。

 

 

 

追記になってしまいますが、カンタンなものをやるのにはもう一つ理由があります

 

それは「最優先で理解することを最も効率よく理解できる」という点です

 

 

カンタンな問題というのは、「最低限押さえておくこと」ができれば基本的にできます

「最低限おさえておくこと」は「基礎的なこと」と言ってもいいですよね

 

これが難しい問題になってしまうと、いろいろな(ある意味余計な)要素が絡んできてしまう場合がほとんどで、

「最低限おさえておくこと」=「最優先で理解すること」が見えにくくなってしまう

というかなり重大なデメリットができちゃうんですね

 

 

意外とカンタンな問題ってやる意味あるんですよ

 

 

 

 

東大生が言うんだから、ちょっとは信じてくれるでしょう?

 

センターで「過去問やれ」と言っているのもこれが理由にあります

bighope-life.hateblo.jp

 

 

 

長くなりました。お疲れ様でした。

 

広告を非表示にする