BigHope's Life

BigHope's Life

東大生/受験情報/日々のニュース/学生生活/ビジネスの話/読書録

読書する前にこれ読まないのは損でしょ。読書は〇〇なしでは無駄!?

こんばんは。雨が続きますね。

 

 

さて、今日は読書録です

 

 

 

読書は「あるコト」をするかしないかで、読んだ後の自分に対して与える影響が大きく異なってきます

 

f:id:BigHope:20171030032620j:plain

 

 

「あるコト」とはなんでしょう??

 

 

 

 

 

そう、アウトプットです。

f:id:BigHope:20171030033925j:plain

 

今日は、「読書はアウトプットが99%」というちょっと過激な題名の本についてです

 

 

 

 

この本では、なぜアウトプットが重要なのか、そして読書方法のススメ、さらに具体的なアウトプットの方法、著者自身のオススメ書籍まで、「読書」についての僕たちが知りたい情報が分かりやすく書かれています。

 

ちょっと過激だなぁというか、決めつけだよなぁと思う点もいくつかありましたが。

 

それはさておき、読んでおいて損はない本だと思います

 

 

 

 

 

あなたは、本は「全て読むもの」だと思っていませんか?

 

 

 

 

残念ながら、これは大いなる幻想です

 

 

 

 

おそらくこの記事を読んでいる方はきっと、

「自己投資」のために本を読んでいる方がほとんどと思います

 

 

 

本は決してあなたのためだけに書かれたものではありません

 

 

ですから、書いてある内容が全てあなたの役に立つとは限らないのです

 

 

 

 

それを、あなたの貴重な時間を割いてまで読むことは、

果たして有意義な行為と言えるのでしょうか

 

 

その時間を他の本を読むことに充てた方がはるかに有意義ではないでしょうか

 

 

 

 

本は全て読むものではありません

 

 

この大いなる幻想から解放されれば、あなたはきっと本を読む速さも、読書の質も大いに高めることができるでしょう

 

 

 

この本も例外ではありません

 

 

そもそも僕はこの本をすべて読んでいません

全てのページに目を通した(とは思っている)けれども、全ての文字に目を通して、理解して、実感して、ウンウン唸りながら読んではいません

 

風呂に入っている時間に一気に読みきりました

 

その程度の時間でも、今こうやって記事でアウトプットできるくらいに情報を得ることができています

 

 

ぜひ皆さんも、まずはこの本を読むときでいいですから、

必要な情報を短時間で拾い上げる体験をしてみることをお勧めします

 

 

 

 

とか言ってる僕もいわゆる貧乏性ですから、「本は全部読まないともったいないよ!!」って、つい昨日まで思っていましたが、

 

 

でもTime is Money.

f:id:BigHope:20171030032557j:plain

 

その自分にとってあまり意味のない部分を読むのに僕は「時間」を支払っているわけです

 

お金がもったいないからって、価値のないもの(自分にとって価値がないという意味です)に対して時間を払うのはおかしくないですか?

「貧乏性」なのに矛盾してません?

 

 

 

 

みたいなことがたくさんこの本には書いていますので、この記事を読んでハッとしたそこのあなたは今すぐ購入すべきです

 

 

 

著者の藤井孝一さんは、経営コンサルタントで「ビジネス選書&サマリー」というメルマガを発行されている方だそうです

 

 

 

読書の方法についてモヤモヤしている方、「読書した方がいいらしいんだけど、なんでなんだ・・・」って悩んで病んでしまっている方はぜひ手にとって、1時間くらいでパパっと読んでみてはいかがでしょうか。おすすめ。

 

 

 

っていうこの読書録の構成も実は本の中に書いてある構成を結構参考にしたものになっています。さて、気になった方はぜひ手にとって30分くらいでパパッと読んでみましょう

 

 

 

 

え?

 

しつこいって?

f:id:BigHope:20171030033645j:plain

 

 

失礼しました