BigHope's Life

BigHope's Life

outputの練習

適切な報酬をもらうためにすべきたった2つのこと[TEDトークに学ぶ]

東大生ブログランキング

ブクマ、シェアしてくださると励みになります!

皆さんは、今の自分がもらっている報酬が適切だと思いますか?

 

f:id:BigHope:20170906045231j:plain

 

今回は、自分の価値に見合った報酬をしっかりもらうための方法について、TEDトークの内容にちょっとプラスαして書いていきます。

 

結論から言いますと、たった2つのこととは、

 になります。

 

 

 

参考にするTEDトークはこちら。

 

誰もあなたの価値に見合う報酬を払おうとはしません。

相手は、自分が定めたあなたの価値に報酬を支払うだけ。

だから相手の価値観を変えましょう。

 

プレゼンターによると、

相手は、あなたの本当の価値ではなく、相手が定めたあなたの価値に対して報酬を支払うだけなのだそう。

 

ですから、相手があなたに対して低い価値しか見出していないのならば、

たとえ自分の価値が高くとも、報酬は低いのです。

 

 

逆に言えば、

あなたは相手の思考をコントロールできるわけです。

相手の価値観をコントロールして変えてしまえば、自分に見合った報酬が受け取れる。

 

 

 

 

ではどのようにしてコントロールするのか?

 

f:id:BigHope:20170906040346j:plain

 

この画像にある通り、

Definition of Value:自分の価値を明確に定義する

Clear Communication:自分の価値を伝える

の2つの要素が重要になります。

 

 

以下、それぞれ掘り下げていきましょう。

 

 

 自分の価値を明確に定義する

 

自分の価値を明確に定義するって・・・。

なかなか難しそうな話ですね。。

しかし、ここは腰を据えてじっくり考えるべき問題です。

 

どうやって定義すればいいのか?

 

顧客のニーズはどこにあり、私がどう対応しているか?

顧客の要望に よりよく応えられる 私だけの強みは何か?

私だけがしていることは?

私が顧客のために どんな問題を解決しているか?

どんな付加価値を与えているか?

 

 

プレゼンターは、これらの質問を通して自分の価値を明確化していったそうです。 

f:id:BigHope:20170906044742p:plain

要するに自己分析に近いですね。自分の強みは何か?相手の弱みは何か?そこをじっくり考える必要がある。

 

自分の価値を明確にするための参考資料

 

 

自分の価値を伝える

 

次です。

 

そもそも日本人で多い(と思う)のが、

 

 

f:id:BigHope:20170906042625j:plain

 

この漫画みたいに自分の弱点ばっかり言っちゃうやつ。

自己紹介で自分の欠点とか聞いて、誰が関わりたいと思うんでしょうか?

 

かと言って、

自分の良さばっかり強調しても、自慢話と思われてしまうし。。。

 

って感じですよね。。

 

 

 

でもやっぱり、自分の価値を伝えないと適切な利益なんて得られるわけがない。

じゃあどうすればいいのか?

 

 

 

 

サービスや付加価値に焦点を当てて話せば、自慢話には聞こえないでしょう。 

 

自分の価値を伝える時は、相手に与えられる価値をしっかり伝えれば、決して自慢話にはならないでしょう。

 

例えば、東大生が家庭教師をやるときも、

❌:東大生で頭がいいから家庭教師をやりましょう

⭕️:僕は勉強が得意だから、あなたの成績を上げましょう

みたいに、「相手に与える価値」を伝えるんです。(例下手かな?)

 

この例だと、

❌:「頭がいい、東大生」みたいに、自分のスペックを伝えているだけ

⭕️:「成績を上げる」みたいに、そのスペックによって相手が得られる利益を伝えている

 

というふうに、伝えているものが全く違うんですね。

❌で伝えているものを、「特徴」というのに対し、

⭕️で伝えているものを「ベネフィット」と言います。

 

相手に自分の価値を伝える時は、「特徴」ではなく「ベネフィット」で伝える方が、

適確に価値が伝わるし、自慢話だとも思われにくいわけです。

 

もう一つ例を挙げてみます。

こちら、現在僕もめっちゃ活用しているiPad proなんですけど。

 

この魅力を相手にどう伝えれば、相手の心が動いてくれるか?を考えてみると。。

 

  • 120Hzのリフレッシュレートに対応する「ProMotionテクノロジー」により操作性が向上した、10.5型Retinaディスプレイ(2224×1668)搭載「iPad Pro」。
  • 6コアのCPUと12コアのGPUからなる「A10X Fusionチップ」を搭載したことで、従来の「A9Xチップ」からCPUが最大30%、GPUが最大40%高速化。
  • 9.7型iPad Proよりも20%大きいディスプレイを搭載しているが、ベゼル幅を約40%狭くし、重量を抑えている。

これが「特徴」になるんじゃないかな。

Amazonの商品紹介ページから引用。

 

 

それに対して、ベネフィットはというと。

地球上で最も先進的なディスプレイ、Retinaディスプレイ

これまでもiPadは、究極のマルチタッチ体験をお届けしてきました。生まれ変わったiPad ProのRetinaディスプレイは、そこに全く新しい基準を打ち立てます。より明るく、反射がより少なくなっただけではありません。ProMotionテクノロジーを採用したことで、反応の良さもはるかに向上しています。だからSafariでページをスクロールする時も、負荷の重い3Dゲームをする時も、限りなくスムーズで高速です。

あなたを限りなく夢中にさせるでしょう。

 

64ビットアーキテクチャと6つのコアを持つA10X Fusionチップを搭載。あなたが手にするのは圧巻のパワーです。移動中に4Kビデオを編集する。精緻な3Dモデルをレンダリングする。複雑な書類やプレゼンテーションを作ったり、それらに注釈を入れる。全てが簡単。これまで以上の力があるのに、バッテリーはこれまで通り一日中持続します。作業が一日中捗り、一日中ずっと創造力を広げられます。

みたいな感じ。

Appleの公式サイトより引用。

 

これは購買意欲を刺激してくるよね?ベネフィットを伝えているから。

 おひとついかが?(笑)

ちなみに買って損はないよ。 

 

てな感じで。

 

 

 

大切なのは自分の言葉で伝えること。本物の、心からの言葉で話すこと。 

 

自分の価値が明確に定義できていれば、自分の心からの言葉で、相手に価値が伝えられると思います。

 

 

これらができれば、相手はあなたに対し、適切な報酬をいとわずに支払ってくれるでしょう。

 

 

 

トークの中ではこれらのテーマに沿って2つの例が出てきます。理解を深めるためにぜひ見てみてください。プレゼンとしてもすごくイイと思うので。

 

www.ted.com

誰もあなたの価値に見合う報酬を払おうとはしません。

相手は、自分が定めたあなたの価値に報酬を支払うだけ。

だから相手の価値観を変えましょう。

 

 

 

 

 

 それではこの辺で。最後まで読んでいただきありがとうございました。