BigHope's Life

BigHope's Life

東大生/受験情報/日々のニュース/学生生活/ビジネスの話/読書録

受験生の夏休みの過ごし方!重要なのは主体性と計画性

(長いので、時間がないときは大事そうに書いてあるとこだけ読んでください)

 

 

 

 

もう夏休みですか?

 

 

東大はやっとテストが終わり夏休みです。

テストって1科目でもミスると引きずりがちだよね。。

 

切り替えが大事!これ模試とかの時めっちゃ自分に言い聞かせてたなぁ。。

 

模試でミスっても、その時は気にしないで次に100% 集中しなきゃダメですよ。全科目終わった瞬間から思いっきり反省会しましょう。

 

忘れそうなら休み時間の初めに見直したい点、反省点をチャチャッと書き出して、あとは一旦頭の外に放り出しましょう。

自分はiPhoneにメモしてたなぁ。だから休み時間初めの5分はひたすら反省だったけど、そこからは夜まで全く考えないで次に集中できました。

 

 

 

 

 

 

さて、そんな話はどうでもよくて。(どうでもよくはないが)

 

今日は、夏休みの過ごし方についてだらだらと書いていきます。まとまりが悪くても許してってことで与太話カテゴリに入れときます。まだイマイチ夏休みの過ごし方について悩んでいる方はぜひ参考に。あくまで個人の意見であることはお忘れなく。

 

 

 

夏休みはもう計画立てました?てか、あなたは計画立てる派ですか?

 

 

 

そもそも論ですが、計画は実行するしないにかかわらず立てたほうがいいです。

多分、レベルとして、

無計画に実行→計画して実行、失敗→計画して実行、実現

の順に成長していくと思うんです。初めから計画を全てこなせる人間なんて一部の天才かスーパーストイックマンだけです。

だからまずは、とりあえず計画を立ててみることから始めましょう。

 

 

 

計画を立てるメリットは、

 

・目標、締め切りまでの残り期間が明確にわかる(自分の位置が見える!)

・自分の能力を測る指標になる(自分はこの期間でこれくらい頑張ったらこれくらいこなせるのか!という発見)

 

 

の2点が主に考えられると思います。

 

これ、受験でも直前期にマジで活きてきます。なんでかっていうと、直前期にまた夏休み的な長い期間が来るんですね。夏休みは無駄にしてもこっちは無駄にできんでしょ。とりあえず夏休みは最悪練習でもいいから、色々試してみて。自己管理です。

 

 

まず1つ目ですが、これは何事をやる上でも基本中の基本になりますよね。計画を立てると、いやでもゴールを見据えなければいけませんから、ゴールから逆算して物事を考える機会になります。すると、

 

「〜しなきゃ!でも疲れたし今日はここまでかな。いやでももうちょっと今日遅くまで起きて頑張ろうかな。。。」

 

みたいな明らかに計画性のない状態から脱却できます。

別にこれが悪いって言ってるんじゃないです。小学生の頃なんて多分みんなこんなもんでしょ?僕も小学校の宿題なんてやってた記憶ないっすよ。やりたいことをやりたいだけやってたら夏休みなんて終わってましたみたいな。笑

 

でもね、今お話ししているのは「受験」の話なんです。締め切りまでにやってなかった、よし答えうつすか。よし先生に土下座するか。で済むような話じゃないんですね。

 

締め切りまでに達成しないと残念ながら永遠に夏休みです。

それでもいいならいいんですが。。。永遠に自分だけ夏休みってのもね。。やっぱ限りあるものだからこそイイというかね。ね?

 

ってことで、計画を立てると、

 

「今日はここを完璧に理解して説明できるようになろう!。。。よし、今日のぶん終わり!時間余ったしこの分野面白そうだから調べてみよっと。」

 

みたいな余裕のある生活ができますよね。

 

 

時間が余っても、計画通りなんだから全く焦る必要はないです。焦らないから腰を据えて学習ができて、効率も上がる。するとさらに時間が余ってプラスアルファのことができる。もうイイことだらけな感じがしてきましたよね!

 

 

はい計画大事ねー。

 

 

 

次、2つ目ですが、この「計画→実行→反省」のサイクルを回しまくると、自分はこんなもんかという感じで自分の能力がある程度見えてきます。

 

すると、初めは計画が下手くそでも(例えば明らかに1日じゃ無理がある分量を入れちゃったり)、だんだん自分のことが分かってきますから、計画立てるのが上手くなってくるんですね。

 

初めから計画立てるのが上手い人は、よっぽど自分のことを知っている人です。意外かもしれませんが、人間、だいたいは自分のこと全然知りません。例えば、「今から君、30分あげるから自分の魅力語ってよ。30分じゃ短いかな?」とか言われた時に魅力を語れますかって話なんですよ。経験上意識してない人は無理です。僕は意識してるので一応できます。(実はここも改善したいと思っていて、いつか自分と向き合う機会を作りたいな的な感じでワークショップ的なの企画しようと思ってます。。みんな就活の時期になってやっと自分のことを知り始めるんですけど、遅すぎません?)

 

だから、計画を立てることは自分をちょっと知るきっかけにもなってくれるんですね。自分のことは知っといたほうがいいよね。将来の夢とかも立てやすくなるだろうし。将来の夢が決まってない人って自分がよく見えてない人が多い気がするんですよね。

 

ちょっと話が逸れた気がしますが。

 

 

はいここまでまとめ。

 

計画はとりあえず立ててトライしてみる。大事。イイことあるから。

 

 

はい。ここまでで一般的なふわふわした話は終わりにして、次具体的な話に入っていきます。

 

 

 

 

 

まずは受験生に向けて、自分の去年の体験をもとに書きますね。

 

夏休みは「基礎の徹底」と「主体的な学習」の2つの言葉をテーマとして強く意識してください。

 

 

この2つのメインテーマをもとに、これを自分の次元に持っていく。

例えば、僕の例。

 

「基礎の徹底」

・物理で、「2体問題」についてまだ自信ないな。もっとじっくりいろんな本読んで説明できるくらい理解しなきゃ!

・漢文自信無いなあ。そういえば、今までやってきた文章については完全に理解できてんのかな?とりあえず4月から今までやった文章をもっかい音読して、そこで出てきた基本事項からしっかり復習しよう。

 

「主体的な学習」

・そういえば、この分野は授業では「とにかく覚えたほうが早い」とか言われちゃったけど、なんか気になるから調べてみよっかな。

・そろそろ夏の冠模試の作戦を立てよう。時間配分はこの科目はこんな感じで、あとはこんな問題が出たらこうやって解いて。。。

 

 

的な。

「基礎の徹底」は今しかできませんよ。正確にいうと、今やるか、入試当日に「あれ、ここ分かってねぇ」って気づいて泣きそうになって来年の今やるか。(入試当日は嫌でも集中することになるのでわからない点が明確に見えてくるもんなんですね、悲しい。)

秋以降は実践演習なので、そもそも基礎の確認をしている暇がないし(時間的にも精神的にも)、くだらないプライドが邪魔しだします。(この時期に基礎?は?みたいな)

 

だからこそ今やっとくべき。「明日やろうはマジで馬鹿野郎」です。なる早でよろしく。

 

 

 

また、ちょっと被りますが、きになることにじっくり時間をかけられるのも今のうち。「主体的な学習」が意識的にできるのは今しかないです。先に述べたように、時間的余裕も精神的余裕もなくなる。気になることはぜひ時間をとって徹底的に調べてみよう。その姿勢大事です。

 

別にどんなことでもいいんです。

空ってなんで青いの?海は?

とか、

なんで俺は生きてるんだろう。。。みたいな深そうなやつでも良し。

これも広い目で見れば全て学習です。

 

今思い出しましたが、「なんでションベンした後にブルって震えるんだろう」とかいうすげーくだらないことを、習ったばかりの「ルシャトリエの原理」って言葉を超強引に使って熱平衡がうんたらかんたらみたいなことを友達と喋ってたのを思い出しますね。(くだらねー笑)でもこれも青春です。生物習ってないのでごめん詳しくないですが。自分で考えた後はちゃんと調べましょうね笑

 

こういうのでいいんです。別に間違っててもいい。調べたらわかるから多分。大体は。こういうのがきっかけでモチベーション上がったりするからね。マジで。

 

とにかく僕が言いたいのは、「自分の、自分による、自分のための」勉強をする経験をしてほしいなってことです。ただ先生に教わった知識を鵜呑みにするんじゃなくてね。自分の頭で考えてみよう!ってことです。楽しいし絶対役に立つよ。

 

うーん、後はね、三角関数の最大最小問題を自分なりにまとめてみたりとかしてたかなー。数学系は結構自分の勉強してましたね。

 

 

はい、逸れまくった上にクソ長くなりましたが、ここまでが大きな話。

 

 

 

やるべきこと、やってみたいことはなんとなく見えてきましたね?

 

 

次はそれを期限内に実行するために具体的にいつやるのか決めていきましょう。

 

夏休みなんて短いですよ、「ぼくなつ」とかやってればわかるっしょ?

 てか、ぼくなつもある程度は計画立てるでしょ?

ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇

ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇

 

 (クソ名作です)

 

 

まずはカレンダー的なの用意しましょか。何日あるか数えてみてください。

 

「え、みじか!!」

ってなりました?

 

初めの方は「夏休みなんて無限にあるから遊ぶか〜」みたいになりがちだけど、実はそんなに長くないんだよね。笑

 

そしたら、次に、主なイベント入れましょう。主なイベントといえば模試ですね。(受験生つらい)

 

模試にもある程度注目しつつ、さっき考えたやるべきこと、やりたいことをどの辺の期間内でやるか考えてみましょう。

 

はい。ここまでで多分圧倒的に時間が足りないことに気づくはずです。普通の人なら。

 

まぁ焦らなくていいです。そんなもんですから、夏休みなんて。

とりあえず現実は見えましたかね。「夏休みに圧倒的成長」とかくだらない幻想抱いてるだけじゃダメですよ。今すぐ実行しましょうね。コツコツ、着実に。

 

さて、いつ何をやるか決めたら、

 

次は週ごと(別に週ごとじゃなくていいです。イベント(模試)ごととかでも)に目標を。だんだん細かくしていきましょう。

 

 

目標の立て方ですが、ここも意識してほしいことが。

 

・これできたら大成功!

・これできたらとりあえず合格かな。

・これできないのはありえない!くそ!死んでも譲らん!

 

の3つに分けて目標を立ててみましょう。

 

それで大切なのは、真ん中のレベルまで出来たら自分を褒めること。一番上まで出来たに越したことはありませんが、出来なくてもいいんです。(多くの人は上ができないどころか真ん中も一番下さえもできないで終わりますから)

 

毎日自分を褒める。達成したら褒める。なんかくだらねぇなと思うかもしれませんが、この長い夏休みを乗り切るコツは「いかにモチベーションを維持するか」です。結局孤独との戦いになりがちなので(特に受験生は)。自分のメンタル面の管理は大事ですよ。

 

 

さて、後は実行あるのみ!がんば!達成できなくてもいいから、次に生かそう!!

みなさんの充実した夏を願っています。

 

 

あ、遊ぶなって言ってるんじゃないよ。ただ、時間があるうちにやることはやっとけよってだけ。

 

 

さてここからは受験生以外の話。

 

 

 

 

さぁ、充実させたいですねーーー!!!夏だぜ〜ー!!!

 

f:id:BigHope:20170906055027j:plain

・花火

・彼女

・映画

・たまに読書

・ひとり旅

 

この辺やって充実しといてな。僕も精一杯楽しみますよ!

 

とりあえず彼女ほしいならアタックしてみなさい。行動。自分から行動!(主体性と結びつけたい)

花火の日程もチェックしとけyo (計画性と結びつけたい)。

口だけ動かして虚しい夏に終わらないように!「この夏」は一回しか来ませんよ!!

 

 

以上。ここは受験生は読むなよ。(言うの遅すぎ)