BigHope's Life

BigHope's Life

東大生/受験情報/日々のニュース/学生生活/ビジネスの話/読書録

10/31 なんか任天堂が生き返ってるよなぁ、さすがゲーム実況

from本郷キャンパス

 

こんにちは、お疲れ様です

 

 

そういえばなんですけど、

海外の大学生ってよく死ぬほど勉強してるとか言われるじゃないですか

collegino.jp

 

この人たちって、お金を生み出す時間はどうやって捻出しているのだろうか

 

 

僕は今勉強に十分な時間が取れていません

その時間を他に回しています

 

主にビジネスの世界で生きていくための修行に対して

 

僕はアカデミックの世界だけで生きていくことは半分諦めていますから

 

もちろんビジネスの世界について学んでおくことが自分にとってより良い選択肢だと思っていますから、これを選択してやっているわけです

 

勉強は全くできない日もありますし(むしろ全くできないことの方が多いかも)

学校の課題は空き時間を使ってせっせとこなしていて、毎日必死で生きています

 

余裕がないんですね、はっきり言って

 

もちろん最小限の努力で最大限の効果を発揮するためにいろいろと工夫して勉強しています

そうでもしないとまともな成績つきませんからね

 

平均以上の成績は常にとっていますし、

別に東大生はそこまで頭がいいわけではないので、

大して必死にならずともこの程度の無難な成績ならとれてしまうというのが現状でしょうか

 

東大生がそこまで頭良くないっていうのは、大学なんとかランキングみたいなのを考えればすぐにわかると思います

 

まぁ一部の天才は、話聞いててこっちがニヤニヤしちゃうくらいに面白いんですけどね

 

 

 

そんな感じなわけですよ

どうやってアメリカの大学生の方々は、いわゆるビジネスの世界に傾倒する時間を捻出しているのでしょうかと、一人でぼーっと考えていました

 

 

 

さて、

今日の個人的ニュース

 

なんか任天堂が蘇ってる話

www.mag2.com

 

 

Switchですよね

 

もう圧倒的Switchですね

 

僕は持っていないんですが

 

 

なんでこんなに流行ったんでしょう

僕は暇な時間はネット動画を流していることが多いため、興味はあまりないのに「ゲーム実況」の世界に自然と詳しくなってしまっているんですね

 

あるゲーム実況者がいつかどこかで言っていた気がするんですが

 

「Nintendoのゲームソフトは許可取るのが面倒だから多くのゲーム実況者がやりたがらない」と

 

そう言っていたんですよね

 

なるほどね、ゲーム実況者も大変だなぁ

とか思ってたら

 

最近はスプラトゥーンとか、マリオオデッセイとか。一気に増えましたね

よく見ますよね最近、動画で

 

任天堂がなんかしたのかな

とは思っていたんですが、

 

この記事読んでたら案の定書いてありましたね

 

本来、ゲーム実況は著作権者の許可なくプレイ動画を配信することは違法ですが、任天堂は2017年9月にニコニコ生放送を運営するドワンゴ任天堂の著作物の利用に関する包括許諾契約を締結。

この契約により、ゲーム実況者は任天堂の数多くの人気ゲームを個別の許可を取ることなしに実況が行えるようになったのです。

 

いやー、賢明だなと僕は思いましたね

 

結局、ゲーム実況でコンテンツをあえて無料でさらけ出すことで、逆に売上が上がってしまうんですね

面白いなぁ

 

 

西野さんのプペルに似てますよね

bighope-life.hateblo.jp

 

 

二言挨拶っていうらしい

chichi-ningenryoku.com

 

彼のしていた挨拶とは次のようなものだった。
例えば誰かに「こんにちは」と声をかける。

普通ならこれでお終いだが、
中畑は必ずその後に

「きょうはいい天気ですね」

とか

「おばあちゃん、いつも元気ですね」

といった“もう一言”の挨拶を付け加えるのだ。
私はこれを

「二言(にげん)挨拶」

と名付け、普段の挨拶をただの挨拶に
終わらせないよう心がけてきた。

この「二言」は、必ずしも言葉である必要はない。
すれ違った相手のために立ち止まっても二言。
手振りや微笑であってもいい。

 

さすがですね

 

挨拶って大事ですもんね

 

これからは僕も二言挨拶を実践していこうと思いました

 

努力は報われる(?)

www.mag2.com

 

 

なんか、本田圭佑がいうと説得力がありますね。

 

多分本田さんのおっしゃる「努力」って一般的な努力よりもレベル高いことを言ってるんだと思います。

ただがむしゃらにやるのは努力とは呼べないと僕は思っています

 

例えば世界一サッカーが上手くなりたいとしましょう

そんなでっかい夢を持っているのに、ただ何も考えずに毎日サッカーするだけじゃ、才能に恵まれていない限りは成果なんてたかが知れています

どうやって上手くなるのか?本気で考えて、何個も仮説を立てて実際に検証して、フィードバックまでやって次回に活かす。んでまた仮説を立てて・・・。

これを「努力」と呼ぶのだと思っています

ただがむしゃらにやるのとは違います

 

だから本田さんは、「サッカーする時間みじけぇなぁ」とか言われてましたが、

量じゃないんです

 

もちろん量も必要なんですが

 

本当に大事なのは量じゃなくて、どれだけ夢に近づけたか

 

 

 

そういう意味では、僕も「努力が続けられる人は必ず成功する」と思っています

世界一のサッカー選手にもなれると思います

努力できれば

 

 

努力の方法なんて自分で考えるしかなくて、みんな模索しながら決めていくものでは

少なくとも人から与えられるものではないと思うし、初めからわかっているようなものでもないと思います

 

ペットの唾液が危険な話

natgeo.nikkeibp.co.jp

 

ペットの唾液って意外と恐ろしいですね

 

デューハースト氏によれば、私たちがペット由来の感染症にかかる主な理由の一つは、人が持つ細菌の生態系がペットのそれと大きく違っていることだという。

「人とイヌを見てみると、同じ種の菌は約15%しかいません」とデューハースト氏。したがって、イヌの口内にいる細菌の多くは、人体にもともといる細菌や免疫システムによって阻まれる可能性が低い。

 

ペットを飼う方はこういうところまでしっかり知っておくのがいいですよね(べき論ではないですが)

まぁ見た目からして明らかなんですが、人間と犬ってだいぶ違いますもんね

 

 

 

 

追記

そう、最近毎日ぽちぽちタイピングしているんで、ちょっとずつですがタイピングのスピードが上がってきました

f:id:BigHope:20171031210108p:plain

 

ミスを減らしたいですね

300pt目指して頑張るぞー

受験勉強で、みんなが陥りがちな問題。カンタンな教材をなめてはいけません

ダメな受験生あるある。

 

 

 

基本事項も十分に満足していないのに、ハイレベル問題集とかに手を出す人。

 

 

 

 

勉強の方法としては、間違っていないと思います。

 

 

難解な題材を時間をかけて、ウンウン唸りながら読み進めて、解きほぐして理解してゆく、という方法は、あなたを必ず成長させるでしょう。

 

 

 

圧倒的に長い時間をかけて。

 

 

時間が無限にある人はそれでいいと思います。全てが繋がった瞬間の気持ち良さはきっと何物にも変えがたいものでしょうし、なんかはじめから「難しい」問題集とかやってると「強そう」に見えますよね。

 

 

 

でも、残念ながら受験にはタイムリミットがあります。

 

 

 

きっと多くの人にとって、受験にかけられる時間はあまりに短すぎる。

 

 

 

だからこそ、効率よく上達する方法で受験勉強を進めてゆく必要があります

 

 

 

効率よく上達する方法ってなに???

 

 

 

 

 

 

それは、

 

 

基礎から着実に

 

 

これが全てです。

 

 

 

 

これはマジです。

 

 

 

僕は一浪して東大に合格しましたが、

 

現役の時に落ちた最大の要因はおそらく、

基礎を疎かにしていたこと

ですし、

 

なぜ一浪して圧倒的に成績が伸び、余裕で合格することができたか、その一番の理由は

基礎を徹底したこと

だと思っています。

 

 

 

 

 

基礎を身につけるにあたって、

「徹底的に理解する」

これが一番重要で、一番初めにすべきことだと思っています

 

でも、徹底的に理解するって難しいです

 

 

教科書に書いてあること、全部「なんで?」って聞かれた時に答えられますか?

 

一部の高校内容では説明不可能な、高度な数理言語を必要とするような内容はおいといて、

徹底的に理解している人はきっと、ほとんどの質問に対して考え、筋の通った答えを提供することができると思います

 

 

 

基礎を徹底した人は、自然と応用もできるようになっている

ということを示唆していますね

 

 

 

ここまで、基礎の徹底の重要性がなんとなくわかっていただけたでしょうか

 

 

 

 

 

 

さて、本題に入りますが、

 

最初に述べた、基礎ができていないのに難解な参考書に手を出す人

 

こういう人の多くは、はっきり言って成績は比較的にいいです

頭が悪い人というより、頭のいい人に多いケースだと思います

個人的には「東大志望」の人にこういう人が多いと思っています

 

 

なんで失敗するの?なんでこうなっちゃうの?

 

僕が考える最大の答えは、

「プライドが邪魔をしてしまう」

くだらないプライドのせいです。周囲からの目を気にしてしまう。

 

「「東大志望」なんだから、周りの雑魚どもが使ってるようなレベルの問題集なんて使ってらんねぇよ」

 

っていう。

 

そういう考えがどうしても働いてしまいます。

 

残念ながら、我々の多くは、「部分を見ただけで全体を決めつけてしまう」という大病を患っています

 

レベルの低い問題集を使っている人は、実際に頭が悪い人だと思ってしまう。

 

みんながそう思ってしまうことを知っているから、

 

「「東大志望」の僕はこんなレベルの低い参考書を読むことなんてできないし、きっとそんなものを読む必要はない」

 

っていう。

 

 

 

 

現役時代の僕は(症状は軽かったにせよ)まさにこれでした

 

 

浪人して、4月に全てのプライドを捨て、本当に自分に見合ったレベルの勉強をするようになってからは、ありえない角度で成績が伸び始めましたし、自分の答えにも自信がつくようになっていくのが実感できました

 

 

 

ですから、一度プライドを捨てましょう

 

 

バカにされたっていいじゃない

 

 

受験生にとって本当に大事なことは、受験当日で合格点をとることではないのか

 

 

 

 

もし今使っている参考書が「本当はちょっとレベル高いような気がするんだよな・・・100%吸収できてないな・・・」っていう感じなら、一刻も早くレベルを考え直しましょう

 

 

 

 

僕のオススメは、まずは漫画系や馴染みのある言葉遣い系で全体像をふわっと理解することです

 

そのあとは教科書でもう少し理解度を高めてみたり、ちょっとカンタンめな問題を解くことで「こうやって使うのか」と理解してみたり、自由です

 

でもまずは全体像をふわっと理解するのが一番効率がいいと思います

 

 

 

 

 

 

 

てことで、以下、僕の考えるオススメ参考書。

難易度は全て基礎レベルです

 

 

 

とりあえず化学よくわかんない人は、これをざっと読もう。すぐ読み終わるよ。

 

 

 

計算の練習をしつつ理解を深めていくのも大事。

僕はこれを使ってました。

「トレーニングノート」は冊子自体は薄いのでモチベーション維持にもいいです

「解説がいい」とかではないのでそこは注意。でも解説がいいことってそんなに大事?

初めにふわっと全体を理解しちゃえば、「ある程度の解説」でなんとかなりませんかね

 

 

 

 

物理については、イメージをこれでつけちゃうのはありです

なんだかんだ、現象をイメージできることは大事ですから。

 

 

現象がある程度イメージできるようになったら、次に数式を使って理解してください

微積分を利用するのが一番理にかなっています

そもそもニュートンはなんのために微積分を作ったの?それを考えれば物理における微積分の重要性はわかっていただけるかと

 

てか、「微積物理」とかいうくくりがそもそもナンセンスな気がします

 

微積分の物理への利用についてはこれがカンタンで分かりやすいです

 

ここまでくれば実践の段階です

物理は現象をとにかく理解することが超重要です

わからない時は基本に立ち返ること

 

あと解答の時に微積分をいちいち使うのもナンセンスな気がします

 

高校物理において微積分はあくまで理解のためのツールで、

みなさんに求められているのは「微積分を利用して解くこと」ではありません

「早く正確に解くこと」です

この点において、時間もかかる慣れない微積分よりも、ある程度解法や公式を暗記しておく方が重要で効果的です

 

 

だからもう一回言いますが「微積物理」とかそういうくくりってナンセンスだと思うんです

使えるものを目的に合ったように使えばいい。ただそれだけのお話なんです

 

 

 

話が逸れましたが。その類の質問が多いので

 

 

 

 

 

国語については「好きな小説」がまさにこの「カンタンな教材」なんじゃないかなと思います

 

 

僕が浪人中に読んでいた小説の一部を紹介しましょう

小説マジで普通に面白いんで、ぜひ読んでみてくださいな

 

ほぼ安部公房やんけ

 

安部公房が合わない人はこんなのもいいかも

ちょうど去年の秋頃に読んでたかな

 

 

英語も同様。ハリポタとか去年の春読んでたわ。ハグリッドがめっちゃ言葉作るんだよあいつ。マジなんなんとか思いながら読んでたの懐かしい

 

 

 

 

 

まぁそんな感じでした、今日も言いたいことが言えた気がする

なんで急にこんな話をしたかというと、この本にそんな内容が出てきましてね

この本についてはこちらをどうぞご覧ください

bighope-life.hateblo.jp

 

 

 

 

とにかく、基礎が大事。

 

頭いい人は基礎なんてやれば絶対できるんだから、どうせなら徹底しようぜ。

 

 

 

追記になってしまいますが、カンタンなものをやるのにはもう一つ理由があります

 

それは「最優先で理解することを最も効率よく理解できる」という点です

 

 

カンタンな問題というのは、「最低限押さえておくこと」ができれば基本的にできます

「最低限おさえておくこと」は「基礎的なこと」と言ってもいいですよね

 

これが難しい問題になってしまうと、いろいろな(ある意味余計な)要素が絡んできてしまう場合がほとんどで、

「最低限おさえておくこと」=「最優先で理解すること」が見えにくくなってしまう

というかなり重大なデメリットができちゃうんですね

 

 

意外とカンタンな問題ってやる意味あるんですよ

 

 

 

 

東大生が言うんだから、ちょっとは信じてくれるでしょう?

 

センターで「過去問やれ」と言っているのもこれが理由にあります

bighope-life.hateblo.jp

 

 

 

長くなりました。お疲れ様でした。

 

読書する前にこれ読まないのは損でしょ。読書は〇〇なしでは無駄!?

こんばんは。雨が続きますね。

 

 

さて、今日は読書録です

 

 

 

読書は「あるコト」をするかしないかで、読んだ後の自分に対して与える影響が大きく異なってきます

 

f:id:BigHope:20171030032620j:plain

 

 

「あるコト」とはなんでしょう??

 

 

 

 

 

そう、アウトプットです。

f:id:BigHope:20171030033925j:plain

 

今日は、「読書はアウトプットが99%」というちょっと過激な題名の本についてです

 

 

 

 

この本では、なぜアウトプットが重要なのか、そして読書方法のススメ、さらに具体的なアウトプットの方法、著者自身のオススメ書籍まで、「読書」についての僕たちが知りたい情報が分かりやすく書かれています。

 

ちょっと過激だなぁというか、決めつけだよなぁと思う点もいくつかありましたが。

 

それはさておき、読んでおいて損はない本だと思います

 

 

 

 

 

あなたは、本は「全て読むもの」だと思っていませんか?

 

 

 

 

残念ながら、これは大いなる幻想です

 

 

 

 

おそらくこの記事を読んでいる方はきっと、

「自己投資」のために本を読んでいる方がほとんどと思います

 

 

 

本は決してあなたのためだけに書かれたものではありません

 

 

ですから、書いてある内容が全てあなたの役に立つとは限らないのです

 

 

 

 

それを、あなたの貴重な時間を割いてまで読むことは、

果たして有意義な行為と言えるのでしょうか

 

 

その時間を他の本を読むことに充てた方がはるかに有意義ではないでしょうか

 

 

 

 

本は全て読むものではありません

 

 

この大いなる幻想から解放されれば、あなたはきっと本を読む速さも、読書の質も大いに高めることができるでしょう

 

 

 

この本も例外ではありません

 

 

そもそも僕はこの本をすべて読んでいません

全てのページに目を通した(とは思っている)けれども、全ての文字に目を通して、理解して、実感して、ウンウン唸りながら読んではいません

 

風呂に入っている時間に一気に読みきりました

 

その程度の時間でも、今こうやって記事でアウトプットできるくらいに情報を得ることができています

 

 

ぜひ皆さんも、まずはこの本を読むときでいいですから、

必要な情報を短時間で拾い上げる体験をしてみることをお勧めします

 

 

 

 

とか言ってる僕もいわゆる貧乏性ですから、「本は全部読まないともったいないよ!!」って、つい昨日まで思っていましたが、

 

 

でもTime is Money.

f:id:BigHope:20171030032557j:plain

 

その自分にとってあまり意味のない部分を読むのに僕は「時間」を支払っているわけです

 

お金がもったいないからって、価値のないもの(自分にとって価値がないという意味です)に対して時間を払うのはおかしくないですか?

「貧乏性」なのに矛盾してません?

 

 

 

 

みたいなことがたくさんこの本には書いていますので、この記事を読んでハッとしたそこのあなたは今すぐ購入すべきです

 

 

 

著者の藤井孝一さんは、経営コンサルタントで「ビジネス選書&サマリー」というメルマガを発行されている方だそうです

 

 

 

読書の方法についてモヤモヤしている方、「読書した方がいいらしいんだけど、なんでなんだ・・・」って悩んで病んでしまっている方はぜひ手にとって、1時間くらいでパパっと読んでみてはいかがでしょうか。おすすめ。

 

 

 

っていうこの読書録の構成も実は本の中に書いてある構成を結構参考にしたものになっています。さて、気になった方はぜひ手にとって30分くらいでパパッと読んでみましょう

 

 

 

 

え?

 

しつこいって?

f:id:BigHope:20171030033645j:plain

 

 

失礼しました

人間がやらないなら、動物にゴミ捨てさせればいいじゃない 10/26

お疲れ様です。

 

 

昨日は早く寝ましたよ。12時半くらいに。

 

 

 

本当は普通に疲れ溜まってたみたいで目覚ましもかけずに帰ってそのままばたんぎゅーだったんですが

 

 

 

 

おかげさまで今朝は6時ジャストに焦りまくって目覚めました。

 

 

 

いやぁ、早くこの多忙を極める生活に慣れたいものです

 

 

 

最近は同窓会の準備にも追われています

 

僕は地方から東京に出て来たのに、なぜかめっちゃ働くハメになっています

許せませんね

 

まぁ頼られているということでいいんですけども。

 

 

 

さて、今日の個人的ニュース。

 

 今日に個人的ニュース

オリンピックのサッカー日本代表の話

www.soccer-king.jp

 

森保監督、正式に東京オリンピックの監督やるんですかね。

 

個人的には手倉森監督がもう一回やると思っていたのでびっくりです

 

 

てことは手倉森監督は次のA代表監督候補かな??

今ハリルさんの下でやってるもんね。一応

 

リオ五輪は久保いなかったのが痛かっただけで、すごくよかったと思っています個人的に

 

まぁいずれにせよ頑張って欲しいですね。

 

六花亭の「いつものアレ」が気になりすぎる

youpouch.com

 

マルセイバターサンドで超絶お馴染みの六花亭です

 

マルセイバターサンドといえば、水曜日のカンパネラの「シャクシャイン」の歌詞に出て来ますよね

あの最高にわけわかんない人たちです

f:id:BigHope:20171026090706j:plain

 

話逸れまくった。

 

 

 

んで、

 

 

「いつものアレ」ってなんだよ。

 

 

ってなりますよね。

 

僕もめっちゃ気になりますもん。

 

 

いやーうまいなぁ。

消費者の興味をうまーく引き出してますよね。

参考になりますね。

 

 

食べてみたいです

 

 

 

駒場祭の話

 

東大では駒場祭に向けて着々と準備を進めています

 

 

トップ | 第68回駒場祭

 

こちらがホームページになります

 

今年は11/24~26の3日間開催されます

 

 

 

また近くなったら詳しく書こうと思います。

このブログを読んでいる皆さんはぜひ予定あけといてくださいね!

 

 

僕も去年浪人していた時、駒場祭には行きました

午前中だけでしたが

 

やっぱり大学の雰囲気が知れるので楽しいです

勧誘がうざったい時もありますが、そこは学生の文化祭ですから我慢しましょう

 

学生男子諸君は女子大生のお色気集客作戦に引っかからないようにしましょうね

 

僕は去年見事に引っかかりましたので

 

 

 

カラスにタバコの吸殻を拾わせるという発想

gigazine.net

 

個人的に今日一番シビれた記事ですね

 

倫理的な問題はあるのかもしれませんが、発想がいいですよね

カラスの健康被害について、デザイナーの2人は「吸殻との接触時間が短いため、影響は最小限に抑えられる」としており、「もしカラスに悪影響を与えるとわかったら別の解決策を考える必要があります」と語りました。なお、Crowbarのアイデアはカラスを利用することだけではなく、最終的に人間の吸殻に対する意識を変え、ポイ捨てそのものを減らすことも目的としているとのことです。

 うまいなぁと思いますマジで。

 

 

語彙の話

これはふと思い出した話。

「語彙」には2つあるという話です

 

まず、「語彙」ってよくいうけど語彙ってなんなんっていう話を。

語彙(ごい)とは、ある特定の範囲(例えば、一つの文学作品や、一個人の発言記録など)において使われる単語の総体(「彙」は「集まり」の意味)。

wikipediaより。

 

「彙」についてもう少し調べてみると、

この漢字には「ハリネズミ」の意味があるそう。

ハリネズミの針のイメージが「集まり」につながっているのかな?

 

 

さて、次に2つの語彙についてですが、

語彙には、理解語彙と使用語彙の2つがあります。

 

簡単にいうと、

理解語彙は見聞きして意味がわかるようなことば

使用語彙は実際に日常生活で使うことば

 

ですね。

 

当然ですが、理解語彙の方が使用語彙よりも大きいです。

 

 

つまり、文章を書くのがうまい、喋るのが上手くて、「語彙力が豊富」なイメージがある人って、

 

使用語彙の範囲が広いんですよ。

 

 

 

だから、自分がもしそうなりたいのなら、

使用語彙に重きを置いたような訓練をしていく必要があるという話です

 

 

よく頭いい人とかだと、漢文ででてくるような

「いはんや〜」とか「〜かな」とか使ってる人いるんですが、

 

あれは漢文(というよりも昔の日本語というべきか)を使用語彙のレベルまで落としこんだからこそ自然に使えるのだと思うのです

 

 

理系でも、会話の中で理系しかワカンねぇようなワード使うやついますよね

 

あれは理系の世界に浸りすぎて使用語彙が理系分野にまで広がってしまったか

 

もしくはアスペ野郎です

 

 

(病気としてのアスペというよりもネタとしてのアスペですね、不快に思われた方にはここで謝罪いたします)

 

 

 

 

まぁ、そんな感じのどうでもいい話でした。

忙死。

こんばんは。

 

 

 

 

台風で休みになるかと思いきや、朝には普通に晴れちゃいましたね。

 

ショックです。

 

 

 

まぁ、東大は休みにする気なんて1ミリも無かったんでしょうけどね!!!

 

f:id:BigHope:20171023224538p:plain

 

JR及び大手私鉄などが全面的に運転を休止している場合、か。

 

 

 

 

いやそんなことあったら大惨事だよ。

 

 

フザケンナヨ。

 

 

もっと台風に対してビビっていこうよ。

 

前日から休みにしてくれても良かったんだよ?

 

 

f:id:BigHope:20171023224841j:plain

 

 

 

僕は軽い熱を出していたので休みも消え、やらなきゃいけないこともたまり、まじで死にたくなるくらい大変です(なるだけだけどね)

今日も寝れるのか心配です。

 

いや、睡眠が大事だってことはわかっているんだ。

 

わかっているけど。今はキャパオーバーしてる。

 

 

「No」という勇気、「やらない」という選択は大事だなぁ。

と思い知らされます。

 

 

 

 

 

 

 

忙死。

 

 

 

 

 

いそがしと読みます。

 

 

 

 

 

嘘です。

 

ちなみに暇人の対義語は忙人(イソジン)です。

f:id:BigHope:20171023230639j:plain

 

嘘ですごめんなさい

 

 

 

 

 

今日の個人的ニュース

今日は理系ネタ多め。(普段から多いか?)

 

itpro.nikkeibp.co.jp

 

これ、AIを過剰に恐れる人ほど読んでほしい気がする。

AI(少なくとも今現在想像できるような)が仕事を奪うといっても、人間にしかできない、もしくは人間がすることを期待されるような仕事は残り続けるわけで。

例えば、前者はイノベーションを生み出すような仕事、後者はスポーツ選手など。

確かまだ、ひらめきについては脳の研究が進んでいないため、AIが閃きを再現するのはまだまだ先の話であって。

 

 

www.gizmodo.jp

 

機械学習が実感できるサイト。

 

j.people.com.cn

 

中国が宇宙関連できますね。日本も負けていられません。

頑張ってくれJAXA

日本の宇宙産業ってどうなってるんだろうね。

 

 

sorae.jp

 

へぇ知らなかった。面白いですね。女性の宇宙人材が増えるのはいいですね。

 

 

どうでもいいけどこのブログの文章面白い。

manato-kumagai.hatenablog.jp

こんな感じのふふっと笑ってしまうような文章書けるようになりたいわー。

 

 

 

 

 

 

今日はせっかくなので授業で感動したものについてシェアします。

 

 

youtu.be

 

これやばくない?

 

 

普通に講義聞いてて興奮しました。

 

電位によって持っているものや触れているものを判別しているそうです。

 

 

これがさらに自分で学習を重ねていくと、動画後半のようになっていく。。。

 

すげぇ。

 

Magicですわ。

 

 

 

 

やっぱ、大学の講義って最先端の研究の内容聞けるからめっちゃワクワクするんだよねぇ。

 

 

 

あ、そうだ。

最近新しくブログランキング参加したんです。

 

ぜひ毎日ポチっていただけると泣いて喜びます。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

 

東大生ブログランキング

 

紗倉まなさんの「最低。」を読んだ。びっくりした。

読書録。

 

 

 

 

 

 

 

まぁ男なら誰でも知ってるよね。

某業界で有名な紗倉まなさんの小説です。

 

 

 

 

 

 

前から気になっていたのですが、映画化されるらしいのでせっかくの機会ということでAmazonでポチりました。

f:id:BigHope:20171019034807j:plain

 

 

 

 

読んでまず感想。

 

 

 

 

ビックリした。

 

 

 

この人、こんな文章書くんだ。

 

 

 

表現のバリエーションが本当に作家さんだわ。

 

素敵だった。

 

 

 

 

 

 

 

男目線としては、男性という存在がかなり客観的に見られていて面白かったです。

 

 

 

 

 

句読点の使い方が独特でポエムっぽい感じもした。

 

 

AVという一般的には外縁にあるような世界で生きているからこそかける文章なのかなぁと思いました。。

 

 

 

 

具体的な話。

 

ネタバレ御免。

 

 

 

1章:彩乃。イケメン・美女の兄・姉に対して、容姿にコンプレックスを持ち続け、高校卒業と同時に逃げるようにして上京してきた彩乃。何もわかってくれない母親の愛情と彩乃とのすれ違い。東京で出会ったAVという世界。職業柄、他人には理解されにくいものであるがゆえに、彩乃と家族との絆はどんどん崩れていってしまう。

 

自分で抱え込むものがどんどん大きくなっていってしまう彩乃に共感。

 

2章:桃子。2章は桃子というよりも石村さんメインの話のように感じられた。会社をクビになり、プロダクション経営の話を持ちかけられるが、結局騙されてしまう話。

頑張っているし、自分なりに努力も精一杯しているのにどうしてもうまくいかないような苦悩が感じられた。

 

個人的に響いたシーン。

 

...大変なときこそ誰よりも余裕をもつべきだと思うの。美味しいもの食べて、ゆっくり考えればいいじゃない。..

 

 

3章:美穂。結婚生活がマンネリ化してしまい、夫の愛をあまり感じられずに過ごしている美穂が、女として輝くために、石村さんの経営するプロダクションでAV女優としてデビューするという話。なんか、うん...

 

僕はまだまだ人生経験が浅いけど、なんかかなしいなぁと。思いました。

 

4章:あやこ。AV出演歴のある母親と、2歳の頃に別れてしまって以来会っていない父親のという複雑な家庭関係の元で、俯瞰的な目線で世の中を見ながら育ったあやこの話。絶望的な現実の中で、それでも生きていかなければいけないという若者の葛藤が見えたような気がします。

絶望感がハンパない。でもこういう小説ってやっぱり読み応えがあって好き。

 

 

女として生きることと、母親として生きることの対立というか、葛藤という見方は僕には新鮮なものでした。父親として生きるということは、ある意味男として生きることを捨てるようなもので、と言われれば確かに、と思う。

 

 

あとがきの筆者本人のエピソードもかなり良かった。

 

 

 

人間臭さというか、人間らしさがよく出ていた作品に思えました。

自分もこの作品を通してAV女優という生き方に対する見方が変わりましたし、単純に面白かった。

 

 

なんか東京にいると東京に染まっちゃうね。

感覚が麻痺してくる。

田舎の生活がものすごく遠いものに感じられる。

それはもしかするといいことなのかもしれないけど。田舎育ちの僕にとってはなんだか寂しいような。小さい頃の知り合いとは遠くかけ離れた生活を送っているような。そんな気分にもなりました。

 

 

 

面白かったです。凹凸っていう作品も出しているそうなので、また今度買って読んで見ます。

 

文庫版早く出してくれると嬉しいなぁ。「最低。」は文庫版を購入したので持ち運びもしやすく、コンパクトなんで良かったんですが。

 

 

ではでは。

 

AIが無限に進化していそうな気がするのです

寒いですね。

僕は窓際に布団敷いて寝る系男子なので、最近の寒さはマジで辛いです、。

 

 

 

 

最近、作業中に聞くBGMを探している。。。

 

なんか、自分の興味ある分野についてのニュースを延々と読み上げてくれるようなサービスないかなぁ。聞き流せるような感じがいいんだよなぁ。

それこそAIとかフル活用してさぁ。

 

 

誰か知ってる方いましたら教えてください。

 

 

いや、でもぶっちゃけゆるくていいんだよなぁ。

最新ニュースをゆるーく解説してほしいよね。

ラジオとかでさ。

 

理想です。

 

 

 

 

今日の個人的ニュース

涙から電気を得る。

wired.jp

 

「涙から電気を得る」っていう表現が、なんかいいよね。それだけの理由で載せたんですけど笑

 

 

 

文学的な表現と、科学的な表現が繋がるのって、なんかいいよね。ね。

 

 

涙をどうやって応用するのか僕にはすぐにはイメージできませんが、、。唾液に圧電性があるなら唾液でよくね?って思っちゃう。。。

 

黒板のイノベーションの話。

 

bouncy.news

 

学校の授業×IT。待ってました、って感じだね。

学校の授業で電子黒板を使わないことに疑問を感じていたんですが、このレベルの調和なら、「黒板主義」の先生方にも納得してもらえるのでは。

 

 

学校の授業に(普通の)電子黒板採用すればええやん

 

って思いますが、電子黒板はホワイトボードを利用するため、

黒板をホワイトボードに変えるコストもかかってしまうし、

維持費は絶対に「チョーク<ペン」だろうから維持コストも増してしまう。。

 

 

 

そういう意味では、黒板にプロジェクションできるというのは革命的だと思うのです。

 

やっぱり理解する上では視覚的イメージは重要ですから、ITの力を借りて授業で色々な視覚イメージを活用できるようになるのは効果的だと思いますし。

 

操作も簡単そうですから、ITに疎い方でも簡単に利用できますし。

 

先端技術特有の、「便利だろうけど難しそう。。。」というハードルを見事に解消してくれているような気がします。

 

 

AIが無限に進化している話。

 

www3.nhk.or.jp

 

囲碁(Go)の世界を支配しているAI、AlphaGOがさらに進化してしまったようです。

AlphaGO Zero。

囲碁の基本的ルールを教えただけで、たった3日間で従来のAlphaGOを倒すようになってしまったという。

 

僕は囲碁知らないけど。

人工知能が人間の定石を思い付くってことは、逆にいうと、人間がある程度の「答え」に達していたっていう証拠にもなるよね。

 

まぁ人工知能自体も人間の産物であることに変わりはないでしょいうし、「人間の先入観」が前提にあるのでしょうが。。。

 

 

 

なんとなくメルエムみたいなものを想像しちゃいますね。

f:id:BigHope:20171020044102j:plain

 (HUNTER×HUNTERより)

 

 

キメラアントって人工知能のアナロジー的な存在・・・?

 

 

 

 

ミニマリストを誤解していました

yurudie.com

 

この記事読んで、ミニマリストに対する印象がかなり変わりました。。

 

ミニマリストとしての生活には憧れますが、

 

現状の「物に溢れた」生活を手放したくないという貧乏心がはたらいてしまうのも事実・・・。

 

結局変われない。

 

 

「捨てる」とか、「持たない」って難しいよね。「No」の選択だから、なんとなくネガティブなイメージがあるのかなぁ。

 

「No」ができるってすごい。

 

 

 

 

記憶のコツは"脳を楽しませること"

president.jp

 

興味深い記事が。

 

記憶をする上でのコツとして、記事中には

  • 空間法...視覚・空間的情報に置換する
  • 頭字法...頭文字をきっかけにする
  • 置換法...イメージを置き換える

の3つがpointとして紹介されている。

 

 

確かにそうかも。

これは学習ゲームとかを製作する上で役に立ちそう。

 

詳しく知りたい方はぜひ記事をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

今日はこの辺で。お疲れ様です。

色々やらねばならないことが溜まっていまして。